家庭教師のバイトが大学生におすすめな理由

(1)短時間で効率よく稼げる

大学生=遊ぶ時間がたっぷりある、というイメージは昔のもの。 現代の大学生は、授業に課題に試験勉強、部活動に、家事に、ゼミ、就職活動…と、とても多忙な日々を送っています。その合間を縫ってでもお金を稼ぎたい、あるいは生活費や奨学金のために働かなければいけない、という方も多いはず。家庭教師のバイトは、そんな忙しい大学生の希望にマッチするお仕事です。

需要が高い時間帯は、生徒さんが学校から帰ってきて一息ついた後の、夕方~夜にか けてです。大学生にとっては、ちょうど最後の授業やサークル活動が終わるころ。 学校を出て、帰り道の途中で生徒さんのご家庭に訪問。1~2時間程度指導をして、終わったらそのまま帰宅。スキマ時間を無駄なく使って働けます。また、大学の時間割が変わっても、ご家庭と相談して無理のないスケジュールに組み直すことができるのも魅力です。

時給は派遣元の会社にもよりますが、スタンダードな補習指導レベルであれば1600円前後が相場です。飲食店やコンビニなど、大学生が多いアルバイトの多くは時給950円~1200円程度。比べてみると、家庭教師のバイトは1.5倍~2倍に近い効率で稼げることが分かります。

長いようで短い大学4年間。“働かざるを得ない時間”はなるべく短くして、好きなこと、やりたいことに時間を使ってあげてください。

(2)生徒の成長を目の当たりにできる、合格の喜びを分かち合える

「時給の良さだけに惹かれて始めたが、今では生徒に勉強を教えることが自分の楽しみでもある」そんな心境の変化を感じられるのも、家庭教師のお仕事の面白いところです。

あなたがこれから指導をすることになる生徒さんはみな、何らかの乗り越えるべき「課題」を抱えています。それは、“国語の勉強のやり方がよくわからない”“数学の評定を2から上げたい”“クラス分けテストで上位10位に入りたい”といった短期的な課題から、“○○という高校に入りたい”“将来は医師になりたい”という先々の目標まで、様々です。家庭教師の仕事はもちろん、それをクリアするための手助けを続けることです。

指導を始めてしばらくは、生徒さんの課題や性格を把握するので精一杯かもしれません。3回、4回と指導をしても、これといって「成長」や「変化」があったようにも感じられず、自分の接し方は正しいのか?と悩むこともあると思います。ですが、もう少し辛抱して続けてみてください。その子にとって最も適切と思われる教え方を探りながら、こつこつと指導を重ねてください。ブレイクスルーは必ず訪れます。

家庭教師をやっていて何より嬉しい瞬間は、生徒さんが自身の「課題」を完全に克服した時です。その最たるものは、合格発表の瞬間でしょうか。合格を勝ち取ったのは、生徒さん本人の力です。でも、自分の指導がその結果を手繰り寄せる一助となれたということを、何より誇らしく感じられることでしょう。

(3)コミュニケーション能力が高まる、就職活動に役に立つ

どんなお仕事でも、やっているうちに身に着くスキルというものがありますが、家庭教師のお仕事は、いわゆる「コミュニケーション能力」を養うことに役立ちます。

まず、“初対面の状態から、一個人と良好な関係を構築していく”というミッションが待っています。嫌われてしまっては、指導の成果は思うように出てきません。「先生が好きだから頑張る」という状態まで持っていければ最高です。生徒に好ましく思ってもらえるように、「自分をどのように見せるか」ということにも自然と気を配るようになります。この経験は後々、就職活動などで客観的に自分を観る必要があるときに役に立ちます。

また、家庭教師をしていると、「間違いを指摘しなければならない」というシーンに多く直面すると思います。生徒さんにもよりますが、これまでの経験から、「答えを間違えた=失敗、悪いこと、責められる、怒られる」等と感じて、必要以上に落ち込 んでしまう子もいます。でも、指導において「間違い」は金の鉱脈のようなもので、 学力の向上を目指すなら無視できないものです。いかに生徒さんを傷つけず、そして前向きに「間違い」と向き合えるようにするか。言葉の選び方から、表情、声のトーン、論理展開まで、複雑で高度なスキルが鍛えられます。

家庭教師になってみませんか?